株式会社ジェーミックス

025-521-6311

学校教育
サポート
事業

子どもたちと先生を笑顔に

校務支援システムを使う先生方の業務サポートと教育ICT支援員による授業サポートを中心に、教育現場の特色を多方面から知っていることを強みに、全国の小中学校を対象にサービスを展開しています。

学校教育サポート事業の概要図

学校教育サポート事業について

授業をサポート

子どもたちがICTを使って楽しんで学ぶために

教育ICT支援員が学校を訪問し、子どもたちがICTを使って楽しみながら学べるように授業をサポートします。
機器トラブルの対応なども全て任せられるので、先生は生徒とのコミュニケーションや授業に専念することができます。

先生をサポート

マニュアルや報告書作成などトータルで支援

授業で活用する教材だけでなく、授業ノウハウを他の先生と共有するためのマニュアルや報告書などの作成もサポートします。自治体様の環境に合わせた資料作りに対応いたします。ご相談いただければ、教職員様向け研修も実施いたします。

育成をサポート

自治体様採用の教育ICT支援員の育成をお手伝い

当社の教育ICT支援員の育成ノウハウを活かし、自治体様採用の支援員の育成もお手伝いします。着任時の研修によって心構えや基本業務を指導する研修だけでなく、支援員が業務中にお困りになったことのお問合せを受け付けるヘルプデスクや、ご要望によっては当社の教育ICT支援員が訪問し、支援員の方のサポートもお受けすることができます。

サービス

教育ICT支援 訪問支援(常駐/巡回)

支援員が学校を訪問し、
教職員の皆様のご要望に応じたサポートをします。

  • 授業支援
  • マニュアル作成
  • 教材作成サポート
  • 校務支援システムサポート
  • ホームページ作成サポート
  • ICT利用環境整備
  • 機器、アプリケーション活用相談
  • 校内ミニ研修

校務支援システムサポート

研修

  • 導入時
  • 成績管理
  • 年度末、年度始
  • 人事異動時、法改正時

ヘルプデスク

  • システム操作に関するサポート
  • 障害発生時の一時切り分け
  • コール実績報告

ICT支援員バックサポート

各種研修を実施。
コールセンターで日々の問い合わせにもお答えしています。

  • 支援員様向け研修
  • コールセンター
  • 支援方法のアドバイス

研修

  • ICT機器活用研修
  • 授業用アプリケーション操作研修
  • 校務支援システム研修
  • Office操作研修
  • その他

教育ICTコンサルティング

機器やシステム、アプリケーションなどの
導入・運用のご相談に対応します。

  • ICT機器活用に関するご相談
  • アプリケーションソフトに関するご相談
  • 校務支援システム運用、活用に関するご相談
  • インターネット教材に関するご相談
支援員の募集しています

ICT支援員を募集しています

教員採用試験を目指す方におすすめ!

教育現場でのICT活用をサポートするICT支援員を募集しています。きめ細やかな研修で指導しますので、未経験の方でも安心。先生や生徒と触れ合うことができ、教育現場で求められる即戦力のICTスキルを身につけられるため、特に教員採用試験を目指す方におすすめの仕事です。

専用サイトで詳しく見る

ICT支援員の声

  • A支援員

    学校で先生や子供たちと触れ合えることに魅力を感じています。

  • B支援員

    教職を目指しています。採用試験合格まで、ICT支援員として学校教育に携わり、教職に就いた時には、その経験を活かせればと頑張っています。

  • C支援員

    ICT機器を活用した最先端の学校教育に関わることができて楽しいです。

  • D支援員

    先生と一緒になって授業を作り上げていくことが楽しく、刺激的な毎日を過ごしています。

  • E支援員

    子供たちが目を輝かせながら最新のICT機器を捜査している姿が印象的で、ある意味やりがいを感じます。

  • F支援員

    先生や子供たちの補助として、授業の支援ができることが新鮮です。

  • G支援員

    学校の授業に合わせた勤務なので、1日の勤務時間は決まっていて生活のリズムは安定しています。土日も休みなので自分自身の生活設計が確保できて楽しく仕事に向き合えます。

学校や先生の声

  • M区 教諭

    ICT支援員がいることで、ICT機器の操作が苦手な教職員でも、普段の授業で活用するようになった。

  • S区 教育情報担当

    ICT機器に苦手意識の強い先生に1対1でサポートすることで、機器を使ってみようという意識につながった。結果、活用が広がり区全体としての底上げができた。(アンケートの結果、99%の先生が日常的に活用している)

  • J大学附属学校

    ICT活用にはトラブルがつきものであるというイメージがありますが、支援員さんがいると言うだけで安心感があります。これからも必要なときに必要な内容を必要なだけ丁寧に支援していただけたらありがたいです。

  • K区 教諭

    支援員がいてくれると環境の整備が進む。環境さえ整えば、先生方は自分で使いこなすことができる。(機器のトラブル待機をしたことによって)研究授業を安心して進めることができた。

  • M区 教諭

    授業レポートとして紹介された学校には、他校から問い合わせが入っており、自治体全体でICT機器を活用していこうという意識が高まってきている。他校の活用例をいち早く導入できるので、ICT支援員の存在がありがたい。

  • M市 教育情報担当

    学校も教育委員会もお互いにPCのプロではないので、相談の仲介に支援員が入ってくれると、説明がわかりやすく疑問点や解決策を見出すことができる。

採用情報 join us!

お電話でご相談

025-521-6311

メールでご相談

メールフォーム